« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

ラッキーユダヤさん完成

ラッキーユダヤさん完成です。タミヤ 1/48 Bf109E-3 アドルフ ガーラント

01_202 .

.

.

引っ張りに引っ張ってエミールE-3・JG26アドルフ・ガーラント、ようやく完成しました(汗)

最後はブレーキパイプ追加も断念して完成を急ぎました。

パネルNoのステンシルは力尽きましたので後日…(大汗)

MG機銃は真鍮パイプの組み合わせ加工、MGFFはメタルパーツを使用した位で他は素組みです。

モットリングは今回省略(ヘタレ)

あっ、スミ入れを忘れておりました(爆)

 

| コメント (8) | トラックバック (0)

業務連絡2

現在のところ

マジリさんまつよっしさんあきみずさん複数機完成されておられます。

今回はまつよっしさんあきみずさんに完成機が追加されました。)

完成機画像は各記事に併載されておりますので皆様ご訪問ください。

※上記のお名前をクリック(もしくは右クリック「新しいウインドウで開く」)しても各記事に飛びますのでご利用ください。

| トラックバック (0)

⊥TTさん完成

⊥TTさん完成です。ハセガワ 1/48 Bf109E-3  ヨゼフ プリラ-

Tt01Tt02Tt03Tt04Tt05

いつもの通り、アンテナ線は気が向いたら張るとして、
主翼の踏むなラインデカールは貼りません、あれ貼るとなんとなく模型的にはダサい感じになるから(汗)
気合が入っている時は塗装しますが、今回は(最近いつも)パス、細かいデカールが沢山ありますが、一応パス(笑)

ここまでやれば、今のワシは十分満足なので、気が付いているところが色々あれど多分パスなんか、こんなもんでエエですかね(汗)
タミヤのICMの抱き合わせキット見たら萎えちゃった(笑)

フィギュアって自分で作れない人は、如何に珍しそうな奴を見つけたり(レジンも含む)腕位を変えて小改造して塗るのが、楽しみだったりするんですが、タミヤが出してしまっては既にポピュラーなものになってしまいますな(汗)
将校とか塗ろうと思ったんですが、もうこれでエエということで。

   

| コメント (6) | トラックバック (0)

2007年12月30日 (日)

Xjunさん完成

Xjunさん完成です。 タミヤ 1/72  Bf109E-3

Xjun01Xjun02 .

.

.

ようやく、1/72 Bf109 E-3 JG77 仕様をロールアウトいたしました。
久々に筆塗りのみで、飛行機のキットを完成させました。
一部、デカールの剥がれ等々あり、満足のいく出来とはいえませんが、かれこれ2ヶ月間、楽しませていただきました。

マスキングリキッドを使ってみたり、いろいろ試行錯誤の連続でしたが、自分にも飛行機が作れることがわかり面白かったです。

Xjunさん(2号機)完成です。タミヤ 1/48 Bf109E-3 

Xjunb01Xjunb02Xjunb03Xjunb04 .

.

.

引っぱりに引っぱりましたが、タミヤ 1/48 Bf109 E-3、ようやくロールアウトです。
キット指定の塗装に飽き足らず、ハセ1/48 のハンス・アッシ・ハーン少尉機からデカールをトレードしての完成です。これまで、専らAFVと飛行機では気晴らし程度に1/72をやっていたので、やはり1/48 は大きかったですが、皆様の激励、ノウハウの伝授があればこそ、完成にたどりつけました。重ねて感謝申し上げます。ありがとうございました。
シミソ様、ご多忙のようですが、世話役お疲れさまです。今後ともよろしくお願いいたします

 

| コメント (6) | トラックバック (0)

BEEさん完成

BEEさん完成です。マッチボックス 1/32 Bf109E-4 JG26(バトル オブ ブリテン

Bee01Bee02Bee03Bee04Bee05Bee06

1940年11月フランス・アッヴェビール基地にて戦利品のレザースーツを着込んだJG26航空団司令アドルフ・ガランド中佐と“赤の5”のパイロット、マクシミリアン・シェル中尉それと司令副官のヴォルガング・ペーターゼン大尉が新聞に自分達の記事があるのか出撃後のくつろいでいる様子のようだ。

シェル中尉の“赤の5”は2/JG26のエンブレムを大きく描いた機首に通常は黄色に塗られている機首が中尉の“赤の5”のみ特別に真っ赤に塗られ部隊内では“赤い彗星”と呼ばれていた。
“赤の5”はノーマルなE-4型より操縦系とエンジンをピーキーにスペシャルチューンされて空戦時の運動性は驚異的であった。
シェル中尉自身の動体視力の感覚が優れていた事もありこの機の扱いができるのは中尉のみであった。
なおラダーには撃墜マークは描かれてはいないがこの時点で20数機のスコアがあったと思われる。

マクシミリアン・シェル中尉は新鋭Fw190A-1に機種改変された1941年8月にベルギー・モールゼーレの基地から出撃、英仏海峡上でRAFのスピットファイアMkVとの交戦中に行方不明となった。

実はイギリス情報局MI6の工作員が最新鋭戦闘機Fw190を捕獲するため反ナチスだったシェル中尉に接触、シェル中尉はスピットとの交戦をカモフラージュしRAFのビギンヒル基地に着陸投降、英国は無傷の敵最新鋭戦闘機を手に入れる事になる。

その後シェル中尉は戦後フランスに亡命“シャア・アズナブール大佐”と名を替え後のインドシナ紛争にてフランス空軍軍事顧問そして朝鮮戦争とベトナム戦争ではアメリカ空軍のアドバイザーとして実戦を経験している・・・


・・・・とホラの書き放題でしたが、メッサーですね・・・
あっ!こんな塗装のメッサー実際ありませんのでマジにならないように。
でキットは今では絶版のマッチボックス1/32のE-4型です。
もう30年前キットなんですがはっきり言って今でも売ってるハセの32E型より格段にカッコエエです。
ただスジ彫りはマッチ専売特許の運河なんだよな~
ヤフオクでは人気が無いのかお手ごろ価格で落札されてますから、作ってみたいと言う人は是非・・・

フィギュアはドイツのU・プカラ製のめちゃかっこぇぇメタルフィギュアを使っております。
塗りは使い慣れたグンゼのラッカーで顔手だけはタミヤエナメルを使っております。

ベースは100円ショップで購入した飾り板にチョッチョッと粘土盛ってグラスパウダーを貼り付けた超簡単ベースでございます。

・・とまぁ~二ケ月ほどかかっちゃいましたが今回の「Bf109祭り」がなかったらこんな作品も仕上がらなかったと思います。
シミソ様・ハヤテ様、企画・運営・ありがとうございました    

| コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月24日 (月)

satonobuさん完成

satonobuさん完成です。フジミ1/48 Bf109G-6 エーリッヒ ハルトマン

Satonobu01Satonobu02Satonobu03Satonobu04Satonobu05

基本的に素組ですが、
シートベルトを板鉛で追加・ブレーキパイプを真鍮線で追加しました。

アンテナ線はテグスです。
塗装は一旦、白を混ぜた迷彩色で迷彩塗装を行ってから、
上からエナメルの薄めた白で塗っています。
戦場で水性塗料で冬季迷彩を行っていたとのことで、使っているうちに白が流れていったとの
解釈でこの様な塗装にしてみました。

デカールは概ね良好で、密着性も良かったです。

それではメリークリスマス。

satonobuさん(2号機)完成です。フジミ1/48 Bf109K-4

Satonobub1Satonobub2Satonobub3 .

.

.

Bf109 K-4が完成しました。

カラーリングは今までに無い色調で気に入っています。
フジミのキットはG-6同様、合いが悪く組立てに苦労し、
途中でやめたくなりましたが、
完成できたのはこういった場を設けていただいたことによるものと思います。
感謝しています。

 

 

| コメント (11) | トラックバック (0)

maboさん完成

maboさん完成ですファインモールド 1/72 Bf109G-10  レーゲンスブルグ工場製

Mabo01Mabo02Mabo03Mabo06Mabo07Mabo08       .

.

.

完成!!! メリークリスマス♪
やっと出来た♪

仕上げ工程は、ホコリとの戦いでした。
なんでこんなにも寄ってくるのでしょ 
ついに1/72スケールも3機目の完成を迎え、万歳!な気持ちです♪

    

| コメント (9) | トラックバック (0)

へ~さん完成

へ~さん完成です。タミヤ1/48 Bf109E-4 Ⅰ/JG3 ハンス・フォン・ハーン

Img_736798_51066424_0Img_736798_51066424_1Img_736798_51066424_2Img_736798_51066424_3 .

.

.

ハンス・フォン・ハーンは開戦時にはJG53の副官
『フランスの戦い』ではヴェルナー・メルダースの指揮下で8./JG53の飛行中隊長を務め
『バトル・オブ・ブリテン』の最盛期にはⅠ/JG3の飛行連隊長に昇格。
1941年6月には機体をF-2型としたタッツェルヴルム飛行連隊を率いてロシアに転戦し
翌1942年1月に17機撃墜の戦果とともに帰国した。
彼の生涯撃墜数は300ミッションで34機 

今回この祭り参加の打診があった時、
Bf109という機体について全く知識がありませんでした。
ありったけの資料を引っかきだして、
完成までモチベーションが保てるエピソードを探したところ
53年ぶりに日本シリーズ制覇したドラゴンズにひっかけて
『龍』をマーキングにしたこの機体を作ろうと決意
キットはタミヤの1/48、さすがに修正部分がほとんどなく組みやすいキットです。
この機体を作るためにアメリカ製の別売デカールを手に入れました。
透過性は少ないものの、薄くて壊れやすい感じで、糊がやや強い感じがします。
塗装で苦労したのは、初めて挑むスポット迷彩。
何度か試行錯誤の末、まずまずの出来になったと思います。

| コメント (8) | トラックバック (0)

2007年12月16日 (日)

ハヤテさん完成

ハヤテさん完成です。ハセガワ1/48 Bf109G-10 ハインツ エヴァルト

01020305_204_2

第52戦闘航空師団 第Ⅱ飛行隊ハインツ・エヴァルト少尉 1945年
Bf109G-10 幸運の豚 です。

独軍機を作るのは2機目というど素人でございましたが、
メッサ祭りにご参加下さった方々の素晴らしい作品を
参考に、また皆様からのご指導で何とか完成となりました。

思い起こせば祭り管理者のシミソ様の製作された
72の同機をかっこいい、作ってみたいという
私の思いをそれなら「祭り」にとなったのでした。

祭りを一人で管理して下さっているシミソ様、
祭りの趣旨に賛同参加して下さった皆様方に
厚く礼申し上げます。

「ありがとうございました。」
   

| コメント (20) | トラックバック (0)

業務連絡

業務連絡

もう今年も残すところあとわずかになりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
さて本来の12月末締め切りまで残すところ数日ですが、進行状況により1月は様子を見ていきたいと思っています。

また水面下で次期祭りの話もチラホラト出てきており、有力視されているのが「Fw109」
ブログ会場という記事アップの関係上「Bf109祭り」がある程度目処がたってから発表したいと思います。

「こんな祭りどう?」という意見も募集しておりますのでこの記事のコメントにでも書き込んでいただければ幸いです。

●なお、「Bf109祭り」も佳境に入ってきた今、「祭り要綱」もトップに掲示する必要もなくなったため、「業務連絡記事」等や「新たな完成機」を見やすくするために新旧記事を逆転しますことをご了承ください。
(記事ごとに任意で順番を変えられれば一番良いのですが、当ブログは投稿記事の新旧逆転しかできないようです。)

| トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

あきみずさん 完成

あきみずさん完成です。エレール 1/72 Bf109B コンドル軍団

01_502_503_404_305_3

エレール1/72 Bf109 B-2 ラインハルト・ザイラー少佐機にしました。
スペイン内戦に28歳で参戦して44年に第一線を退きました。その時の機体です。

1937年スペイン内戦に各国の新鋭機がその評価の為に投入されました。
その中にゲルニカの悲劇も発生したのです。

キットは何も手をくわえてません浮き彫りのパネルラインもそのままです。
胴体のステンシルをパソコンで作ります。
デジカメで撮った絵をペイントにのせて輪郭を白で消して黒を塗りつぶします。
黒一色だから楽です。

あきみずさん(2号機)完成です。フロッグ 1/72 Bf109F ラインハルト・ザイラー

010203040506 .

.

.

フロッグ 1/72 Bf109 F型

できました B型でラインハルトザイラー少佐機を作った後、
F型の一連の写真がありこれは何としてももう一機作らねばと、
主人に駆け寄る犬と絵になるショットが出来ないかなと。
フロッグしかなかったので古いキットですがそのまま素組?

で、キャノピーはファインから転用してスピナーはペラを他から取って後ろに1mmの板をかましてます。
脚カバーはぬかるみでドロを挟まないように外してあります。
デカールはいろんな所からの寄せ集めでスケールが合ってないですが見のがしてください。

境界部をシンナーの筆でなぞりそれらしい思うようなモットリングのボカシにしようとしたのですが、うまくいきませんでした。

  あきみずさん(3号機)完成です。 ハセガワ 1/72 Bf109G フィンランド機

C01C02_2C03C04.

.

.

フィンランド空軍ケスティカルヒラ中尉機で完成しました。
胴体のモットリングボカシがうまい事いきませんでした。
いろいろやったのですがまだまだ未熟です。
こんな時はエァーブラシがほしいなと思うのですが
それは又使いこなすのに十分な時間と技量が必要でしょうからよう踏み込めません。

Bf109祭りに参加させてもらい、3機ものせてもらってありがとうございました。
みなさんからもたくさんのコメントをいただき本当に嬉しく思います。 
次があればまた参加させてください。

 

   

| コメント (16) | トラックバック (0)

シミソ 完成

シミソ完成です。ハセガワ 1/48 Bf109F-4 trop ハンス ヨアヒム マルセイユ 

Bf109f4trop01Bf109f4trop02Bf109f4trop03Bf109f4trop04Bf109f4trop05Bf109f4trop06 .

.

.

Bf109F-4/Trop W.Nr10137
Sta.Kap.3./JG27
17.Jun.1942 Gambat/NorthAfrica
Hans-Joachim Marseille

映画「アフリカの星」(1960 ドイツ)を観て衝動的に作りたくなりました。

Bf109F-4/Trop(1/48ハセガワ)のほうは結構いじりましたが、キューベルワーゲン(1/48タミヤ)はライトコードを付けた以外は素組みです。

Bf109の塗装は白黒写真では上下の濃淡差があまりないので上面はもう少し明るめの色かもしれません。

フィギュアはマルセイユに似ても似つかぬものですが雰囲気ということで。
(101機撃墜時を再現してみました。)

ベースは100円ショップのボードに本物の砂を撒いてアフリカ砂漠の赤い砂っぽくサンドイエローで着色してみました。
小石に鉄道模型用のバラスト砂や100円ショップの観葉植物水耕栽培用のゼオライト(ホワイト)を散らしてあります。(瓦礫に最適!)

ベースで一番苦労したのは銘板だったりして(笑) 

シミソ(2号機)完成です。ファインモールド1/72 Bf109G-2 ギュンター・ラル

Bf109g2_01Bf109g2_02Bf109g2_03Bf109g2_04Bf109g2_05.

.

.

オペルブリッツと組み合わせて燃料補給、機体整備の情景を作ろうと思っていましたが
諸事情により〆切までの残り20日間、模型弄りができなくなりましたので、機体のみで完成とさせていただきます。

Bf109の翼端灯は全面色つきではなく、クリアー部の内部にそれぞれ赤・青の電球が入っています。
というわけで、この完成機の翼端灯の表現は間違いということになります。

スミイレは軽めにし、汚しは排気煙くらいでほとんどいれてありません。

 

| コメント (12) | トラックバック (0)

2007年12月 4日 (火)

まつよっしさん 完成

まつよっしさん完成です。ハセガワ 1/48 Bf109K-4

01_202_203_204_205_206_2             .

.

.

ハセガワ1/48メッサーシュミットBf109K-4が完成しました。人形をもう一体つけたかったのですが、よしとしましょう。今回手を加えた箇所は次の通りです。
① コックピットはICMのレジンとメタルパーツのものを使用しました。
② ブレーキパイプはくるくる表現をしてみました。
③ キャノピー指示棒とアンテナ線は1号のテグスを使いました。
④ 退色表現は控えめにし、つや消しクリアーでコートしエナメルの茶と黒で墨入れ         しています。
⑤ モットリングはテンプレートとフリーハンドで表現、スピナーはデカールです。
⑥ ピトー管はファインの物に変えております。

こんな所ですね・・・よ~く考えるとコックピット以外は素組!!(爆)

仕様は第27戦闘航空団第2中隊所属機です。傍らに先に完成したシトロエンと以前に完成したフィギャーを置いてみました。ちょっといい雰囲気だな~と自己満足しております。この2人のルフトワッフェの士官はどんな会話をしているのでしょう?

ハンス:中佐この機体がメッサーの最新型のようです。今朝届きました。
ラインハルト:ほ~!これが我が軍の最新型か・・・・で性能は?
ハンス:はっ。エンジンはDVの605で1800馬力、高度9000mで670kmの性能をほこっております。これがあれば連合軍のP-47やP-51、あるいはスピットとも戦えます。
ラインハルト:燃費は?
ハンス:燃費ですか?そのような数値は性能表に出ていませんが・・・一応満タンで680kmは飛べるそうです。
ラインハルト:すぐに調べさせなさい。
ハンス:はっ
ラインハルト:コックピットの後ろに付いている黄色いマークは何かね?
ハンス:これはオクタン価の高い燃料を入れること。というマークです。
ラインハルト:なに~!ということはこれはハイオク仕様かね?
ハンス:は~一応そういうことになるかと・・・・・
ラインハルト:馬鹿者!!いまハイオクがリッターいくらだと思っているのかね。
ハンス:・・・・・・

といった所でしょうか(爆)その他どんな会話をしているかを募集しております(笑)

まつよっしさん(2号機)完成です。エレール 1/72 Bf109G-2 フィンランド空軍

B01_2B02_2B03_2B04_2B05B06 .

.

エレール1/72 メッサーシュミットBf109G型フィンランド空軍仕様が完成しました。
今回は初めて筋彫りなるものに挑戦しましたがやはりラインが曲がってしまい難儀しました。塗装はまあまあ上手くいったと思います。この機体はフィンランド空軍第34戦闘飛行隊 司令官ルーッカネン少佐乗機(MT201号機)です。フィンランドNo.3のエースでソ連のポリカルポフやラボーチキン、ミグ、ハリケーンなどと激しい戦いを経験した機体です。

キットは凸モールドで細部は最近のハセガワやファインに比べると見劣りするのは止むを得ないですが、凹モールドにするだけで大分見栄えが良くなると思います。手を加えたのはほとんどありませんが、お決まりのピトー管、アンテナ線、ブレーキパイプなどをキットのものから交換しております。

| コメント (15) | トラックバック (0)

黒石さん 完成

黒石さん完成です。ハセガワ 1/48 Bf109E-4/7trop  

0img_1577633_38638893_20img_1577633_38638893_00img_1577633_38638893_10img_1577633_38638893_3 .

.

.

結局、普段やってる事以上の事ってのは出来ないもんですよね。
今回は多少は良い物作ろうと気負っては見たものの、何時もと同じ程度の出来にしかならなかったです。
はぁぁ(-_-;)

キャノピーが後追いでの塗装になっちゃったんですが、色が合わなくて浮いてますしデカールもブクブクになってます。画像では目立たないかもしれませんが結構キビシイ出来っす(涙)
出戻り後、四機目の飛行機ですが一機目のフォッケから進歩が無いのが、我ながら悲しいっす~。

今回はバイパー殿のお誘いでメッサー祭りに参加させて頂きましたが、これに懲りず定期的に飛行機作って技量の向上を図りたいと思っております。

| コメント (20) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

haguさん 完成

haguさん完成です。ファインモールド 1/72 Bf109G-4 ハンス バルトマン 

Hagu01Hagu02_4Hagu03 .

.

.

1/72ファインモールド☆Bf109 G-4 ハンス・バルトマン機です。
よだれを垂らして突進するダックスフントのパーソナルマークに惹かれました♪

解説書には出撃回数527回、総撃墜数134機とありました。
1945年3月17日にハンブルグ近郊でMe262で上昇中に、僚機と衝突し、墜落してしまったそうです。
事故さえ無ければ、エースのまま終戦を迎える事が出来たかと思うと本当に残念であります。
20mm機銃弾の装填と燃料補給中のつもりなのですが、休憩中なのか人影がありません(笑)
完成間近で機体を落として破損してしまい修復に大童で、情景を作る精神的な余裕がありませんでした(自爆;)
本機の特技は、全舵が力技で動かせるのと、ぺラを廻しながら同軸20mm機銃の発砲煙を出せることです(爆;)

今回、初めてお祭りに参加させて頂き、またドイツ機も初挑戦で分からない所ばかりでしたが、
Bf109祭りに参加しておられる皆様の作品を拝見させて頂く事が出来て本当に勉強になりました。

今回お祭りを主催、運営して下さったシミソ様、疾風様を初め、参加された皆様に心より感謝しております。

| コメント (12) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »