« J.パイパーさん完成 | トップページ | SAIUNさん完成 »

2008年4月 2日 (水)

HN CHICAGOさん完成

HN CHICAGOさん完成です。タミヤ 1/48 Fw190A-8/R2 ウィルヘルム・モリッツ大尉機

Hn_chicago05Hn_chicago06_2Hn_chicago07Hn_chicago01Hn_chicago02Hn_chicago03       .

.

.

エアブラシを使用した迷彩塗装を初めて試みた。そういう意味で、多少思い入れがある…
以前に1/35フィギュア5体+犬1匹を利用したミニジオラマで、「見る角度を変えると雰囲気が変わる」ような、或いは「多面的な物語が生まれる」ものを目指したことがあった。今回もその路線で考えた。不慣れな塗装が生んだ偶然もあるが、Fw190自体が見る角度で印象が若干変わる色合いとなったため、フィギュアや小道具との組み合わせで所期の目的は一定程度達成出来た…
1/48は航空機、車輌、フィギュアと色々な分野のものを組み合わせることが出来るのが非常に興味深く、最近は嵌ってしまった感である…
このFw190A-8/R2は4機編隊で大型爆撃機に可能な限り接近し、機銃弾を浴びせて撃墜するという“肉薄戦術”で戦った、“シュツルムボック”(破城鎚)と渾名された仕様の機体である。翼に装備の機銃、コックピット脇の補助装甲、キャノピーの追加硝子窓などの外見的特徴がキットでも再現されている。
 

※写真がもう数枚と詳細なコメントがあったんですがブログ容量の関係で画像は既定の最高6枚として他は割愛させていただきました。
詳細な解説は御本人のブログにて御覧下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/hn_chicago_48/5502038.html

HN CHICAGOさん2号機完成ですハセガワ1/48 Fw190A-4

Hn_chicago01_2 Hn_chicago02_2Hn_chicago03_2Hn_chicago04_3 .

.

.

1943年チュニジア Fw190 A4 エーリッヒ・ルドルファー中尉機( のつもり…)

ドイツ機の模型は独特な迷彩の再現が大きな愉しみなのかもしれないが、このトロピカルカラーのような、国籍マークが無ければ連合軍の機体のような塗装のものも在る…アフリカで運用された戦闘機などによく見受けられるものだが、この系統の塗装はメッサーシュミットBf109でお馴染みで、FW190では余り見掛けないものかもしれない…
「みんなでフォッケウルフを!!」という“祭り”の仲間に入れていただいた中、こういう「一寸変わった?」が登場するのも悪くないと思い、挑戦してみた…(ややパーツの合いが悪く、“万年初心者”の私としては苦戦を強いられたが…)また、“量産機”として広範な地域の様々な状況で活躍したフォッケウルフの姿はなかなかに魅力的に思えたということもあった…
苦しい戦局の中でチュニジアに派遣された航空隊が使用した機体を再現したが、「日中と夜間の温度差が大きく、暑い時にはかなりの高温で陽射しが強い中、汗だくの整備員が砂埃も舞う中でメンテナンスし、大空に舞うフォッケウルフ…」というチュニジアで展開されたであろうドラマをミニジオラマにしてみた…
一通り完成させたものを、拙宅アパートの屋上で巧く空を背景に撮影することもし、通常の完成写真に加えて“ドラマ写真”も用意してみた…
実は仲間に入れていただいた祭りに「更にエントリー」をすることも考えていたが、今月は出張が入ってしまい「多分無理…」という情勢になってしまった…が、この「チュニジアのフォッケウルフ」を無事に公開出来たことは大変に幸いだ!!
拙宅の中を見回せば…FW190はマダマダ未着手で残っている… 

« J.パイパーさん完成 | トップページ | SAIUNさん完成 »

02,Fw190祭り 完成」カテゴリの記事

コメント

完成おめでとうございます。
小さなベースに詰め込まれた主役と脇役がバランスよく良い味出していますね。
写真も末期のドイツ機らしい暗さでおどおどろしさを出しているように思います。
お疲れ様でした。

投稿: シミソ | 2008年4月 2日 (水) 00時48分

完成おめでとう御座います。フィギュアをもらさず絡ませるとは、流石フィギュア好きのシカゴさんですね~。お疲れ様でした♪

投稿: 黒石 | 2008年4月 4日 (金) 00時29分

>シミソさん
掲載に関して、お手数掛けました…ありがとうございます!!
小さなベースに色々乗せる1/48が非常に楽しく、最近嵌ってきました…
写真は自然光で、何となく撮った感じです…
エントリー済のもう1機、A4もゆっくりやっていますので、出来たらご報告します!!

投稿: HN CHICAGO | 2008年4月 5日 (土) 11時09分

>黒石さん
飛行機を手掛けた入り口がフィギュアでした…面白そうとフィギュアをやり始めると、「彼らに翼を!!」と飛行機にも挑戦した次第です…お楽しみが拡がりましたよ!!

投稿: HN CHICAGO | 2008年4月 5日 (土) 11時11分

完成おめでとうございます。見事な機体と併せてフィギュアの仕上がり、表情もじつにいいですね♪
情景から、なにを会話しているんだろうか。。等と色々と想像してしまいます。

投稿: hagu | 2008年5月 5日 (月) 19時27分

完成おめでとうございます。

コメントありがとうございました。

機体、フィギュアの仕上がり、そして物語を感じさせるジオラマ、素晴らしいです。フィギュアがあると、イキイキしてきますね。

私も、いつかジオラマを作りたいと思っています。

投稿: pierrek | 2008年5月 7日 (水) 20時07分

>haguさん
コメントありがとうございます!!“表情”というのが出ているように見えるとなれば…とりあえず成功でした!!機体は初心者の素組なので、「機体の周辺の物語」のようなものを目指したのでした…今後も研究します。

>pierrekさん
コメントありがとうございます!!
1/48は飛行機、車輌、フィギュア、小道具と色々な種類のものが揃うので、「手軽に“こんな場面!?”が創れそう!!」と考え、最近は興味津々になっているところです。
ベースを造って、フィギュアをさりげなく添えるだけで飛行機が妙に活き活きするのが不思議で、それが愉しいです!!

投稿: HN CHICAGO | 2008年5月10日 (土) 13時47分

コメントを私の作品に頂きまして有難うございます。熱帯地迷彩の機体は私のだけかと思っていました。既にアップされていたんですね。古のレベル72のFw190A-4?は箱絵がチュニジア戦線のものでした。当時は珍しい色合いながら格好悪いと思ったものでしたが。

投稿: アビ | 2008年5月28日 (水) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HN CHICAGOさん完成:

« J.パイパーさん完成 | トップページ | SAIUNさん完成 »