« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月24日 (火)

「次期祭りネタ募集」

「次期祭りネタ募集」を下記の管理人ブログで募集していますので7月半ばくらいまでにご意見をお聞かせ下さい。

雑食おやじモデリング「次期祭りネタ募集」 (募集は終了しました。)

●Fw190祭りリンク

アルバム:http://simiso21.cocolog-nifty.com/photos/fw190/index.html

記事:http://simiso21.cocolog-nifty.com/blog/fw190_2/index.html

●Bf190祭りリンク

アルバム:http://simiso21.cocolog-nifty.com/photos/bf109/index.html

記事:http://simiso21.cocolog-nifty.com/blog/cat13956919/index.html

| コメント (0)

2008年6月 1日 (日)

BEEさん完成

BEEさん完成です。トライマスター1/48 Ta152C-0

Bee01Bee02Bee03Bee04Bee05Bee06

いや~3ヶ月もトライマスターのTa152Cとお付き合いしてるのも流石にやんだぐなって、とりあえず今回は予定していたフィギュアは止めてこれで完成つー事でお願いしますだ・・σ(^_^;)アセアセ...

そんでトライマスターのTa152Cなんですけど、はっきり言って士の字に組み上げるのも大変なキットです。
レジンの主翼は変形していて貼りあわせがまともに出来ないとか、とにかくストレスがめちゃくちゃ溜まる精神的にも疲れるキットでした。

まぁ~実機の方はC-0の原型機が3機と数機のC-1が作られただけと言われてますが、キット指定のカラーリングでは面白くないので今回もなんちゃってカラーリングの“JV44ザクセンベルグ・シュヴァルム”で使用されたと言う設定でやってみました。

ドイツ敗戦までの2ヶ月間ほどしか活動していないJV44ですが、高高度域用のH型とは違い低空域用のC型はエアカバーにはもってこいだったのでギリギリ配備されていてもおかしくは無かったんじゃないかなと思い、確認されてる4機の赤腹D-9のカラーリングフォーマットを参考にちょっと自分なりの解釈で味方対空部隊に視認しやすいように翼前縁までオーバラップした赤塗装をしてみました。

完成してみて赤腹のTaで塗装してみてもイメージ的にはオリジナルのD-9とそんなに変わった感じはしませんね・・σ(^_^;)   

| コメント (1) | トラックバック (0)

まつよっしさん完成

まつよっしさん完成です。エデュアルド1/48 Fw190A-8

010203_2 .

.

.

エデュアルド1/48フォッケウルフFw190A-8が完成しました。今回は苦戦しました(汗)このキットに付属しているエッチングパーツと純正のエッチングパーツの取り付けが大変でした(大汗)瞬間接着剤を1本使い切りました(笑)でもそのおかげで自分でやりたかったことはほぼできたような気がします。工作や塗装はまだまだですが・・・・

今回のキモはBMW801エンジンです。プラスチックの部分と金属部分が半々であります(笑)プラグコード、導風板、冷却用の流風扉等エッチングだらけですが、あまり見えませんな(T T)まあワシの模型は自己満足の世界ですが・・・エッチングパーツ以外でも金属部品をかなり追加しています。主翼の機銃、ピトー管、エンジンパネルの支柱棒、主脚の位置棒などです。

飛行機の中はこうなっているのか・・・と納得させられるキットでした。きっとタミヤ1/32の零戦などもこうなんでしょうなあ・・・機首の機銃、主脚の収納部、コックピットなどもこのキットの見せ場です。もちろん各パネルの脱着フック、機体下部のループアンテナ等も全てエッチングです。これでワシも多少のエッチングにはビビらなくなってきました(爆)

この機体はⅢ/JG54中隊長ハンス・ドルテンマン少尉機“赤1”です。彼は1921年生まれでこの当時23歳Fw190D-9のエースとして知られております。彼は東部戦線で15機撃墜の時点で連合軍がノルマンディーに上陸し西部戦線に移動します。移動するとすぐにこの機体でP-47やP-51、さらにはスピットファイア等を次々に撃墜します。最終スコアは38機で階級は中尉で終戦を迎えました。出撃回数は150回を数え、この過酷な時期に敵の高性能機と戦い、スコアを重ねたのは天性の才能を感じます。

とまあこの機体に乗ってP-47やP-51、さらには連合軍の重爆撃機と戦ったハンス中尉に想いを馳せながら、今夜はこれを眺めて一杯です(笑)

| コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »