« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月22日 (月)

よしのよしおさん 完成

よしのよしおさん完成です。

ハセガワ1/72 零戦五二型丙

01_2020304 .

.

.

なぜかハセガワさんのプロペラは、ポロッと取れてしまうので、
軸をプラランナーで自作して、抜けないようにしてあります。
主翼の13ミリ機銃はファインモールドの飛燕から流用しています。

| コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

シロイルカさん 完成

シロイルカさん完成です。

童友社1/32 零式艦上戦闘機21型

01_202_303_404_205_206 足掛け何年になりますやら自分でも忘れました(笑)。

前回の記事で内側の脚カバーを閉じる為のリンク(何と表現すればよいのか良くわかりません・・・)を内外逆に接着してしまいました・・・私のブログは恥の宝庫です、記憶モードで作業すると間違うという典型ですね・・・反省

とりあえず完成写真をアップしておきます。

クリアパーツのマスキングは無事生きていました・・・一安心

この角度(左から4枚目)から見ると脚庫は結構よく見えます・・・ね(^^;)

パネルラインは一番目立つ第2風防下の部分が52型のようになっていますが、これを消してきれいに入れ直すようなテクニックを持ち合わせていないのでそのままです。

編隊灯は予定通りウェーブのHアイズより・・・

母艦機なのでぴかぴかの半つやで仕上げました(変な表現だな ^^; )

無事に完成して一安心・・・これで蜜柑山の在庫が一つ減りました、のどに刺さった小骨が取れた気分です。

   

| コメント (19) | トラックバック (0)

シミソ 完成

シミソ完成です。

ハセガワ1/48 零式艦上戦闘機11型

11011102_211031104 .

.

.

局地戦闘機 零戦11型 ※1

昭和16年5月26日 黄河中流域
12空 中仮屋国盛三空曹機
  ※2

・以前より濃淡の塗装が物議をかもしだしている機体を再現してみました。

・主翼も写真がそう見えたので濃淡を付けています。

・機体中心部の塗装は少しムラになり汚くなってしまいました。

・排気煙や機銃排煙などの汚しは施していません。

参考文献

※1 学習研究社「零戦パーフェクトガイド」 P31
  零戦11型の初期生産分40機は「局地戦闘機」として発注。
  12試艦戦の試作機発注8機と合わせ、48機までが「局地戦闘機」  としての発注分。
  風防後部に特徴がみられるのは「局戦」発注分の機体。

※2 文林堂「世界の傑作機No.55 零式艦上戦闘機11‐12型」 P2 

| コメント (6) | トラックバック (0)

hanio777さん 完成

hanio777さん完成です。

タミヤ1/48 零式艦上戦闘機52型/52型甲

Hanio777_01Hanio777_02Hanio777_03_2Hanio777_04Hanio777_05

<ラバウル航空隊所属機> 
ニューブリテン島 ラバウル 昭和18~19年
零戦五二型(三菱製)

零戦って見る角度によってちょっと丸みを帯びていたり、スマートだったりして見ていて飽きない機体ですね。今回も写真撮影のためにクルクル回して鑑賞しながらニンマリしました。

零戦は左から4枚目のアングルが一番好きです。

フィギュア、微妙に腰が浮いています(^^;; 着座直前ということで。
シチュエーションとしては「今日も出撃、空を見上げてニヤリ」ですw

     

| コメント (13) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

業務連絡5

ココログ・ブログの表示方法が変わったらしく以前のような別窓で開か無くなっています。
画像表示後”戻る”にて元記事にお戻りください。(見難いなぁ・・改悪?)

※1、9月12日現在、マジリさんの記事アップととのさんの2号機も新配備されていますので一緒にご覧ください。

※2、レスを読んでおられないようなので再掲
J.パイパーさん宛、完成機は要綱に沿った投稿ではないため記事にできません。
要綱のレスコメントに詳細が書いてありますので至急対処願います。

追伸:エントリー有無の状況がちょっとはっきりしないので再レスお願いします。

| トラックバック (0)

マジリさん完成

マジリさん(1号機)完成です。

タミヤ1/48 零式艦上戦闘機52型丙

A01_2A02A03 A04 .

.

.

   

地に銀を吹いて、上に乗せる濃緑の濃淡でムラを出したつもりなんですが、写真では丸っきり分かりませんな。

コクピットに補機類、エンジン部はプッシュロッドとプラグコードを足回りはブレーキパイプを追加の定番工作のみです。

マジリさん(2号機)完成です。

ニチモ1/35 零式艦上戦闘機52型

B01B02B03B04.

.

.

今でも大したことはないんですが、さらに知識も技術も道具も持って無かった時代を思い出して作りました。
ゆえに、缶スプレー吹きっぱなしのウェザリングも銀剥げもないまま完成~(大笑)

カウルフラップの薄削りと、主翼上面の編隊灯を瞬着で作っただけです(汗)
元々マブチモーターを組込み、ペラを回す設計になっているため、コクピは超上げ底で上半身のみのパイロットが入っているだけなので、風防の内側からスモークを塗って誤魔化してます。

マジリさん(3号機)完成です。

ハセガワ1/72 零式艦上戦闘機22型

C01C02C03C04 .

.

.

恒例の工作報告(笑)
○エンジンはプッシュロッドとプラグコードを追加
○カウル上下のインテークは薄削り。上は奥行きも深掘り
○カウルフラップも薄削り
○ガス抜き孔と薬莢排出孔、排気管を開口
○防火壁横のスリットも開口
○コクピットは私の出来る範囲でDアップ
○キャノピーは3分割
○主脚にブレーキパイプを追加
○ピトー管は金属パイプと金属線で作り変え
○プロペラシャフトも金属線に変更
○脚位置指示棒を追加
○アンテナは箱絵通りに切断

                  以上であります。 

| コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »