« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月26日 (木)

シロイルカさん 完成

シロイルカさん完成です。ハセガワ1/700 「加古」(第一次ソロモン海戦仕様)

01_202_203_204_205 .

.

.

キットは最新の重巡キットですので素組でも全く問題なし(だと思います・・・)、箱がデカ過ぎるのが最大の不満でしょうか(笑)

重巡祭りということで楽しく、かつ普段はしないような工作までしてしまいました。武装パーツはP社の武装パーツに差し替えました、あと今回はそのまま使いましたが単装高角砲はA社高雄型の余りパーツの方がいいように思います。

ジョーワールドのエッチングがありましたので労力以上に手が入っているように見えると思いますが、実のところそれほどではありません・・・

このような祭りは引っ込み思案の無所属モデラーにはとても刺激になります、これだけでブログを立ち上げた甲斐があったというものであります(嬉)

今回の製作で本人の承諾をいただいて使わせていただいたテクはもちろん、秘密裏にまねっこさせていただいたテクもたくさんあります。心当たりのある方、お礼申し上げます。ありがとうございます。

また、皆さんからさまざまな助言をいただきましてこれも祭りの成果と思っております。

いろいろなアプローチがあるのもよくわかりました。艦船素人としてはだいたい一番リスクの少なそうなアドバイスを参考にさせていただきました。

   

| コメント (6)

ハヤテさん 完成

ハヤテさん 完成です。フジミ1/700 「那智」(スーパーヴァージョン)

01020304 .

.

.

重巡洋艦祭り「那智」最終時、完成しました。
ツッコミ所は多々あると思いますが、
艦船素人製作という事でご容赦下さればありがたいです。

祭りを通していろいろな方々の技法を見られた事、
新しい方々と仲良くなれた事が嬉しいです
ありがとうございました

   

| コメント (4)

2009年2月16日 (月)

J.パイパーさん 完成

J.パイパーさん完成です。 タミヤ1/700 「最上」

J01J02J03J04J05J06 .

.

.

もともと艦船系モデラーだったのですが、目の衰えと細かい作業が下手なので最近はめっきり艦船を作っていません。作っていないというよりは、作れないというのが本当の話。
まぁ祭りとなっては、仕方がなく5年ぶりの1/700WLを非常にビビッて作りました。(笑)

この航空巡洋艦・最上という艦は模型的に非常に面白く、WLユーザーならば必ず製作した思い出があるのではないでしょうか?
普通であれば製作に入る前にどのような方向性で完成させるかを考えるのですが、本当に久しぶりのWLということで深く考えず、とにかく完成させることに絞り込みました。(笑)
そんなわけで基本はキットの良さを活かし、キットを補填する役割でエッチングパーツを使っています。
悲しい話、かつてのエッチングパーツの処分を兼ねての製作でした。
なので、エッチングパーツを使ってもかなり古い素材を多用しています。(笑)

今回の素材はタミヤの最上ということもあり、非常に楽に仕上げることが出来ました。
エッチングなどアフターについても非常に進んでおり、昨今のWLの進化を体感することが出来ましたね。
艦載艇や艦橋などまだまだ手を入れるところが多いのですが、今回は完成させることが主眼だったので補填すべきところは後に続く方に委ねたいと思います。(笑)

    

| コメント (4)

SAIUNさん 完成

SAIUNさん完成です。 タミヤ1/700 「三隈」

Saiun01Saiun02Saiun03Saiun04 .

.

.

帝国海軍が火力増強のために軽巡洋艦から改装された最上型「三隈」であります!
ホント、資料が少なくて自分なりの想像も入ってます・・(汗;

ミッドウェーで悲劇の最後を遂げたこの巡洋艦の損傷後の写真では、後部甲板付近に帆布の残骸らしきものがあるので、おそらく駐機甲板後ろにはなにか日よけのようなものがあったのではないか・・とか。

んで、どうしても乗組員もそこそこ乗せたくて、EPのぺらぺら人形にアクリルガッシュで肉盛りして厚みを出してみました!飛行機乗りの何人かにはパラシュートもつけてやりましたが。。途中で・・・挫折しています(笑)
防弾マットとか張り線も・・・・なんつー難しいのか思い知らされましたっ!!

《使ったもの》
・タミヤ 1/700 「三隈」
・その辺のEP各種、普通の糸、紙粘土、ハリス0.8号、ドール用髪の毛
・100円ショップのまな板・・・
・撮影用の白い紙・・・とか

巡洋艦は初めての作成でした!
今回お祭りに参加させていただいて、製作技術はな~んにも無いですけど、自分なりに楽しく作れたかなぁ~などと思っております♪感謝!

最初のセピア風の3枚の画像は特に後処理していなくて、普通にライティングだけでなんとかならんか?と思い、裸電球だけ当てて、デジカメの夜間モードでシャッター少し早め・・・
にしたらセピア&海面の青が上手く写りました♪(^o^)丿

この方法はなかなか面白い画像が出来上がりますね(*^_^*) 

| コメント (6)

2009年2月 3日 (火)

ほりでぃさん 完成

ほりでぃさん完成です。ハセガワ1/700  「加古」(旧版改造:大改装前) 

A01A02A03A04 .

.

.

艦種名】古鷹型重巡洋艦
【スケール】1/700
【キット名】ハセガワ・大日本海軍重巡洋艦「衣笠」(旧版)
【仕様】大日本帝国海軍第2艦隊第5戦隊所属(1930年)「加古」
【アクセサリー】なし

【製作記】このキットは、ハセガワの旧版ですが、作例で使用したのは船体のみで兵装類のほかはフルスクラッチです。艦船模型スペシャルNo.23に古鷹の就役時を作製する記事がありそれを参考にしました。当初は同じものを作製すべく作例どおりに「衣笠」を購入し、船体を削り始めたのですが、ホビーショーのハセガワブースで船体のみを発掘(200円)したので煙突も自作することとし、「衣笠」はいずれ青葉型の就役時にしようということにしました。
私が艦艇を改造して作るとキットが発売されるというジンクス(那珂、三段赤城)が続いていたのでまさかとは思いましたが3度目はありませんでしたw
しかしながら、赤城ショックの余波でこちらも建造を投げ出していましたが、日本海軍重巡洋艦祭り参加することとして自分にプレッシャーをかけてこのたび無事に完成いたしました。

昭和5年ごろの状態を製作しました。
今回の製作は船体以外はスクラッチあるいは別売りパーツというものなので、ベースキットに旧版を使用したのは新版では不要部品が多すぎてもったいないというだけの理由です。なので新版を利用できる方はそちらで問題ありません。なにしろ中古模型店に行ったら、絶版というだけの理由で旧版の衣笠が2000円で販売してあり、今や一概に旧版が安いとは言い切れませんのでw

軍艦旗は、デカールだけだと割れてしまうことがある(あった)ので0.14mmプラシートに貼り付けました。
艦尾の艦名は新版の古鷹のキットのものですが、ピットロードの別売りでカールでもいいとおもいます。
ピットの方は黒の影があり、立体的ともいえますが、ハセガワの方がリアルに近いと思います。

こうして並べてみると川内型の延長にある艦だというのも頷けます。古鷹/青葉型の全長は軽巡洋艦の大淀よりも短いですからw
那珂は標準的な軍艦色、加古はやや明るめな呉海軍工廠色(自作)としています

キット以外に使用したものは大体下記のとおりです。
1mm、0.5mm、0.3mm、0.14mmプラ板(各種構造物の自作)
0.5mm真鍮パイプ、0.5mm、0.3mm真鍮線(マスト等)
伸ばしランナー(リノリウム押さえ)
プラ角棒(飛行甲板支柱)
エッチング(窓枠、ラッタル、水密扉)
ピットロード武装パーツ(20cm単装砲、8cm高角砲、パラベーン、各種測距儀、短艇類)
WL追加武装パーツ(探照灯、ダビット、御紋章)
SF模型用?パーツ(各種パーツの代用)

フルスクラッチがほとんどなのでアップに耐えられないですが、なかなかいい雰囲気に仕上がって気に入っています。

ほりでぃさん2隻目完成です。ハセガワ1/700  「古鷹」

B01B02B03B04B05 .

.

.

【艦種名】古鷹型重巡洋艦
【スケール】1/700
【キット名】ハセガワ・大日本海軍重巡洋艦「古鷹」(新版)
【仕様】大日本帝国海軍第1艦隊第6戦隊所属(1941年)「古鷹」
【アクセサリー】なし

【製作記】このキットは、ハセガワの新版です。日本海軍重巡洋艦祭り2隻目の参加艦艇です。
ハセガワ純正のエッチングパーツを使用したほかは、ほとんど素組みです。
 煙突の3本線と艦尾に艦名標示がある1941年10月の戦技訓練実施時という想定です。艦スペにも写真が掲載されていました。
 
こうして並べてみると大改装により艦容が一変してしまったのがよくわかります。もっとも旧版と新版では全長も細部も違うのでそれだけで別の艦に見えてしまいますがwww

キット以外に使用したものは大体下記のとおりです。
0.14mmプラ板(艦橋の修正、軍艦旗のベース)
0.5mm、0.3mm真鍮線(マスト等)
伸ばしランナー(見張所支柱)
エッチング(窓枠、水密扉、消磁電路等)
ピットロード武装パーツ(6mカッター)
WL追加武装パーツ(探照灯、ダビット、御紋章、九四水偵等)

ほりでぃさんのブログに詳細な製作記が掲載されています。

ほりでぃさん3隻目完成です。ハセガワ1/700  「衣笠」

C01_2C02_2C03_2C04_2C05_2C06_2 .

.

.

【作品No.】700-068
【艦種名】青葉型重巡洋艦
【スケール】1/700
【キット名】ハセガワ・大日本海軍重巡洋艦「衣笠」(新版)
【仕様】大日本帝国海軍第1艦隊第6戦隊所属(1941年)「衣笠」
【アクセサリー】なし

製作の方ですが、ハセガワ純正のエッチングパーツを使用したほかは、ほとんど素組みです。
 煙突の4番艦標示線と艦尾に艦名標示がある1941年3月改装終了後という想定です。
 塗装は、タミヤの佐世保海軍工廠色とリノリウムです。
 キット取説の説明書でもクレオスの塗装例でも「衣笠」は、呉海軍工廠色に指定されておりますが、「衣笠」は佐世保海軍工廠で1941年3月に改装工事を終え、9月に出帥準備工事で呉海軍工廠に入渠しているので開戦時は呉海軍工廠色であったということであると判断しました。
 まぁ結局のところ、佐世保海軍工廠色というのを使ってみたかっただけなんですけどねw
 錨は「古鷹」の時と同様にピットのものを使用したのですが、間違って一回り大きいものを使用してしまい、あまり意味の無い部品交換になりました。

こうして並べてみると古鷹型と青葉型は似ていても別物だというのがよく分かります。

キット以外に使用したものは大体下記のとおりです。
0.14mmプラ板(艦橋の修正、軍艦旗のベース)
0.5mm真鍮線(マスト等)
伸ばしランナー(水偵支柱)
エッチング(窓枠、水密扉、消磁電路等)
ピットロード武装パーツ(錨、信号灯、6mカッター)
WL追加武装パーツ(探照灯、ダビット、御紋章、九四水偵等)
   

| コメント (6)

2009年2月 2日 (月)

mozさん 完成

mozさん 完成です。 タミヤ1/700 「最上」(航空巡洋艦)

Moz01Moz02Moz03Moz04 .

.

.

この最上 色々ありました
船体で泣き 塗装で泣き あれこれ泣きw
エアブラシの買い替えを真剣に検討中です
分解洗浄後も エアーのキレが悪く トリガーを戻してもエアーだけ出続けます
購入したのは14~5年前だから Oリングでもヘタっているのかも?

やっぱり旗が分厚いですね(涙)

3連装機銃ですが F社のEPです
これは盾の有無で結構悩みました
色々調べると 盾なしのようなんですが
EPの盾なしは 個人的に????なので(連装はそれ以上にですがw)
盾ありにしました そのほうが落ち着くのでw

最後にモノクロ加工してみました

今回は「重巡祭り」に参加させて頂き(と言っても半分以上作った状態からの
スーパーフライングです)色々と勉強になりました
今後製作予定の艦船が多く製作時の参考になりそうです
こんごもこのような艦船系のお祭りがあれば 参加したいと思います

 

| コメント (5)

XJunで〜すさん 完成

XJunで〜すさん  完成です。 アオシマ1/700 「鳥海」

Xjuna01Xjuna02Xjuna03Xjuna04 .

.

.

1/700 WLシリーズ アオシマのリニューアル版鳥海であります。
このリニューアル版でようやく、鳥海専用のバルジなしの船体のキットになりました。
リニューアルキットでは、航空作業甲板が改装される前の状態が再現されています。

鳥海の特徴ある艦橋も専用パーツになっています。このキットはS17年の第一次ソロモン海戦仕様となっています。摩耶の部品と2個1するとS19年のレイテ沖海戦仕様も可能になりそうです。ちなみに、このキットでは、艦橋の窓がクリアパーツになっていますが、貧乏性のため、オリジナルのプラ部品で組立てました。

鳥海は大改装がされなかったので、航空作業甲板・格納庫はオリジナルの形となっています。水偵を台車に載せると格納庫の中に入りません。あら不思議。
S17年なので、95水偵か零観か迷ったのですが、95水偵を載せました。リニューアルパーツには95水偵、94水偵、零式三座水偵、零観が入っているので、いまや大量の水偵の在庫があります。

今回は「重巡祭り」に参加して取り組みました。全くの素組みなのに2週間もかかってしまいましたが、WLシリーズをこれだけせっせと作ったのは小学生の時以来かもしれません。(笑)

XJunで〜すさん  2隻目完成です。 アオシマ1/700 「摩耶」

Xjunb01Xjunb02Xjunb03Xjunb04Xjunb05 .

.

.

  1/700 WLシリーズ アオシマのリニューアル版摩耶であります。
年始に、在庫を出してきて2月半ばにしてようやく竣工です。
素組みなんですが、結構、時間がかかっております。

まず、このリニューアル版では、初版の泣き所であった、第三主砲塔あとの機銃台の部分にあたる甲板を別部品にしてあるので、砲塔パーペットを削る等の作業が不要になりました。ただし、艦橋前面の部品が鳥海そのままなので、一部モールドを削り取る作業がありました。

このキットでは、艦橋の窓のクリアパーツが入っていたので、使ってみました。個人的にはいい感じだと思います。窓枠を塗ってしまうとオーバースケールになると考えて、あえて塗っていません。

後の煙突の脇に機銃台を増設したため、適度な密度感のある船体中央部です。後マストはキットのままですが、腕のある方なら金属線等で作成した方が綺麗な形になるかもしれません。
飛行機作業甲板の支柱の部分が綺麗に抜けていて、上甲板の通路部分が明瞭に判ります。ここもリニューアルで改善された部分ですね。

キットとしては、一部部品を削ったり、擦り合わせが必要になるなど、初心者向けには?という部分もありますが、少しWLシリーズに慣れた方なら、素組みにしても、DUPしても楽しめるキットだと思います。
旧版の摩耶を10年位前に作りましたが、格段にキットの進化を感じました。

XJunで〜すさん  3隻目完成です。
3/31作品掲載致しましたが都合により削除未掲載となりました。m(_ _)m

| コメント (14)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »