« mozさん 完成 | トップページ | SAIUNさん 完成 »

2009年2月 3日 (火)

ほりでぃさん 完成

ほりでぃさん完成です。ハセガワ1/700  「加古」(旧版改造:大改装前) 

A01A02A03A04 .

.

.

艦種名】古鷹型重巡洋艦
【スケール】1/700
【キット名】ハセガワ・大日本海軍重巡洋艦「衣笠」(旧版)
【仕様】大日本帝国海軍第2艦隊第5戦隊所属(1930年)「加古」
【アクセサリー】なし

【製作記】このキットは、ハセガワの旧版ですが、作例で使用したのは船体のみで兵装類のほかはフルスクラッチです。艦船模型スペシャルNo.23に古鷹の就役時を作製する記事がありそれを参考にしました。当初は同じものを作製すべく作例どおりに「衣笠」を購入し、船体を削り始めたのですが、ホビーショーのハセガワブースで船体のみを発掘(200円)したので煙突も自作することとし、「衣笠」はいずれ青葉型の就役時にしようということにしました。
私が艦艇を改造して作るとキットが発売されるというジンクス(那珂、三段赤城)が続いていたのでまさかとは思いましたが3度目はありませんでしたw
しかしながら、赤城ショックの余波でこちらも建造を投げ出していましたが、日本海軍重巡洋艦祭り参加することとして自分にプレッシャーをかけてこのたび無事に完成いたしました。

昭和5年ごろの状態を製作しました。
今回の製作は船体以外はスクラッチあるいは別売りパーツというものなので、ベースキットに旧版を使用したのは新版では不要部品が多すぎてもったいないというだけの理由です。なので新版を利用できる方はそちらで問題ありません。なにしろ中古模型店に行ったら、絶版というだけの理由で旧版の衣笠が2000円で販売してあり、今や一概に旧版が安いとは言い切れませんのでw

軍艦旗は、デカールだけだと割れてしまうことがある(あった)ので0.14mmプラシートに貼り付けました。
艦尾の艦名は新版の古鷹のキットのものですが、ピットロードの別売りでカールでもいいとおもいます。
ピットの方は黒の影があり、立体的ともいえますが、ハセガワの方がリアルに近いと思います。

こうして並べてみると川内型の延長にある艦だというのも頷けます。古鷹/青葉型の全長は軽巡洋艦の大淀よりも短いですからw
那珂は標準的な軍艦色、加古はやや明るめな呉海軍工廠色(自作)としています

キット以外に使用したものは大体下記のとおりです。
1mm、0.5mm、0.3mm、0.14mmプラ板(各種構造物の自作)
0.5mm真鍮パイプ、0.5mm、0.3mm真鍮線(マスト等)
伸ばしランナー(リノリウム押さえ)
プラ角棒(飛行甲板支柱)
エッチング(窓枠、ラッタル、水密扉)
ピットロード武装パーツ(20cm単装砲、8cm高角砲、パラベーン、各種測距儀、短艇類)
WL追加武装パーツ(探照灯、ダビット、御紋章)
SF模型用?パーツ(各種パーツの代用)

フルスクラッチがほとんどなのでアップに耐えられないですが、なかなかいい雰囲気に仕上がって気に入っています。

ほりでぃさん2隻目完成です。ハセガワ1/700  「古鷹」

B01B02B03B04B05 .

.

.

【艦種名】古鷹型重巡洋艦
【スケール】1/700
【キット名】ハセガワ・大日本海軍重巡洋艦「古鷹」(新版)
【仕様】大日本帝国海軍第1艦隊第6戦隊所属(1941年)「古鷹」
【アクセサリー】なし

【製作記】このキットは、ハセガワの新版です。日本海軍重巡洋艦祭り2隻目の参加艦艇です。
ハセガワ純正のエッチングパーツを使用したほかは、ほとんど素組みです。
 煙突の3本線と艦尾に艦名標示がある1941年10月の戦技訓練実施時という想定です。艦スペにも写真が掲載されていました。
 
こうして並べてみると大改装により艦容が一変してしまったのがよくわかります。もっとも旧版と新版では全長も細部も違うのでそれだけで別の艦に見えてしまいますがwww

キット以外に使用したものは大体下記のとおりです。
0.14mmプラ板(艦橋の修正、軍艦旗のベース)
0.5mm、0.3mm真鍮線(マスト等)
伸ばしランナー(見張所支柱)
エッチング(窓枠、水密扉、消磁電路等)
ピットロード武装パーツ(6mカッター)
WL追加武装パーツ(探照灯、ダビット、御紋章、九四水偵等)

ほりでぃさんのブログに詳細な製作記が掲載されています。

ほりでぃさん3隻目完成です。ハセガワ1/700  「衣笠」

C01_2C02_2C03_2C04_2C05_2C06_2 .

.

.

【作品No.】700-068
【艦種名】青葉型重巡洋艦
【スケール】1/700
【キット名】ハセガワ・大日本海軍重巡洋艦「衣笠」(新版)
【仕様】大日本帝国海軍第1艦隊第6戦隊所属(1941年)「衣笠」
【アクセサリー】なし

製作の方ですが、ハセガワ純正のエッチングパーツを使用したほかは、ほとんど素組みです。
 煙突の4番艦標示線と艦尾に艦名標示がある1941年3月改装終了後という想定です。
 塗装は、タミヤの佐世保海軍工廠色とリノリウムです。
 キット取説の説明書でもクレオスの塗装例でも「衣笠」は、呉海軍工廠色に指定されておりますが、「衣笠」は佐世保海軍工廠で1941年3月に改装工事を終え、9月に出帥準備工事で呉海軍工廠に入渠しているので開戦時は呉海軍工廠色であったということであると判断しました。
 まぁ結局のところ、佐世保海軍工廠色というのを使ってみたかっただけなんですけどねw
 錨は「古鷹」の時と同様にピットのものを使用したのですが、間違って一回り大きいものを使用してしまい、あまり意味の無い部品交換になりました。

こうして並べてみると古鷹型と青葉型は似ていても別物だというのがよく分かります。

キット以外に使用したものは大体下記のとおりです。
0.14mmプラ板(艦橋の修正、軍艦旗のベース)
0.5mm真鍮線(マスト等)
伸ばしランナー(水偵支柱)
エッチング(窓枠、水密扉、消磁電路等)
ピットロード武装パーツ(錨、信号灯、6mカッター)
WL追加武装パーツ(探照灯、ダビット、御紋章、九四水偵等)
   

« mozさん 完成 | トップページ | SAIUNさん 完成 »

04,日本海軍重巡洋艦祭り完成」カテゴリの記事

コメント

完成おめでとうございます。
「加古」大改装前の艦形をアフターパーツも少ない中
ほぼスクラッチで再現されており見ごたえ十分です。

戦艦等の改装前の作品はよく目にしますが
巡洋艦の改装前の完成品は目にする機会は少ないと思います。

良いものを見させていただきました。
お疲れ様でした。

投稿: シミソ | 2009年2月 3日 (火) 01時07分

完成おめでとうございます

旧船体を利用しての スクラッチお見事です!!
私には絶対出来ませんw

今後の参考にさせて頂きますね

投稿: moz | 2009年2月 3日 (火) 08時47分

完成おめでとうございます。
単装砲6基の加古元来の姿ですね。殆どフルスクラッチに近いのではないでしょうか。凄い作品を見せていただきました。

投稿: XJunでーす | 2009年2月 3日 (火) 18時39分

深夜の掲載作業ありがとうございました。
このような場にお招きいただいたことを感謝しております。
お陰で加古を完成させることが出来ました。

投稿: ほりでぃ | 2009年2月 3日 (火) 23時16分

ほりでぃさん、完成おめでとうございます。
古鷹型、青葉型四隻制覇も夢ではありませんね。素晴らしい次作を期待しております。

投稿: XJunでーす | 2009年2月12日 (木) 19時47分

XJunで~すさん、mozさん、シミソさん>ありがとうございます。
連続コメント投稿不可の制約がありお礼が遅くなり申し訳ありません
ここのお祭り終了後もひとり祭りを継続して古鷹・青葉型の制覇を目論見ます

投稿: ほりでぃ | 2009年2月12日 (木) 21時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« mozさん 完成 | トップページ | SAIUNさん 完成 »