« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年4月

2009年4月21日 (火)

業務連絡8

ほりでぃさん3隻目完成、新規掲載しました。

2009年4月13日 (月)

ロコさん 完成

ロコさん完成です。アオシマ1/700  「利根」(スーパーディテール)

01 020304 0506 .

.

.

.キットはアオシマの利根、限定バージョンをベースに製作。
エッチングパーツやメタル砲塔、真鍮砲身などかなり贅沢!?な付属品が
付いていたので、ココ何作かの中では一番アフターパーツに頼らずに?!
製作できました。手摺りエッチング、ピットの装備品セットから高角砲、
艦載機、ボート類等を流用。

絶賛されるかたも多い、利根型の船型。確かに美しいラインにレイアウトです。
完成した時点で記事を書いちゃうと、上構造物の思い出!?ばかり思い出すのですが、
こうして見ると、確か、船体は魚雷発射口の穴あけから、飛行甲板スロープの
モールドの撤去など、最初から結構な大仕事をしたことを思い出します><
舷外電路はエッチング・・・船体を持っていると所々色や取付けが剥がれてきたりと、
記事には書いてなかったですが、最後まで悩ませてくれましたが、一度使うと
シックリ感がとてもイイので止められません><

メタル砲塔の良さは感動モノでした。放熱スリットや鋼板の継目など、繊細に
モールドされていたので、自分で手を加えて加工、、などの必要は無かったです。
艦橋部分は天蓋などを筑摩から流用して、1941時の設定に合わせました。
艦橋窓枠下に、遮風板がモールドされているのですが、開戦時には取り付けて
いないだろう、と言う判断から、削り取っています。

艦載機は95式水偵x1零式三座水偵x3を搭載。
飛行作業甲板が2段式になっていて、スロープでつながっているのが、特徴的
です。上部の飛行作業甲板は元々はコンクリ張りだったのですが、リノリウム張り
であった、と言う考証を元に、リノリウム押さえのモールドをけがいて再現しました。

高角砲の銃身には真鍮パイプを使用。各煙突捨管にも使用しています。
マストは一部、真鍮線で作り変えています。艦載機の予備翼、予備フロート
置き場は一から製作しています。

今回、初めて呉工廠色をチョイスしてみました。明るめで少~し青みがかった感じ
なのですね。以外と明るめの色だと、手摺りが目立って得した気分に!?

最後の白黒写真は実艦の写真を完成品に置き換えて撮影された遊び心いっぱいの写真で勝手ながら管理人の好みで"画像結合と文字入れ"をさせていただきました。

(白黒写真のコメント)
・柱島を出撃する利根(昭和17年5月17日 実写)
戦艦比叡からの撮影でこの当時の利根の詳細が良く分かる有名なワンショットです。

・初めて画像加工してみました^^;
こうして上下で並べるとアラだらけですね><でもやってみたかったーー^^!
私の加工のウデなんて言うのはド素人レベルなのでお許しくださいー。
加工してて気づいたのは、距離の違いか角度が微妙に違うのか、同じようでいて
結構、形状が違ってました。キットの方が上下に間延びしたような感じで。。
コレばっかりは全然詳しくないジャンルなので、なんとも説明できませんが、
今回の中の完成画像で一番のお気に入りだったりしてます^^

| コメント (1)

2009年4月 5日 (日)

pierre kさん 完成

pierre kさん 完成です。タミヤ1/700 「鈴谷」

Pierre_k01Pierre_k02Pierre_k03Pierre_k04Pierre_k05Pierre_k06 .

.

.

まだまだ手を入れたいところは有りますが、これで完成とします。張り線はやりません(できません)。シェルター甲板の手摺もパス。船体のウェザリングも省略。主砲の砲身にドリルで穴を開けていたのですが面倒になり二本で終わり。時代考証もよく判りません。

 艦尾の旗が紙製というのは嬉しいですね。前回作ったものはデカールだったので、乾燥後ちょっと触れただけで、砕け散りました。
 
 艦船モデル、実に大変です。部品の小ささや塗装・組み立ての段取りにはかなり戸惑いました。また、エッチング手摺の取り付けや、取り付けた後の取り扱いは特に苦労しました。しばらくは距離を置くことにします(笑)。

    

| コメント (3)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年6月 »