« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年5月

2010年5月 5日 (水)

KAZUさん 完成(夜戦)

KAZUさん 完成 ドラゴン 1/72 P-61B

Kaz01 Kaz02 Kaz03 Kaz04 Kaz05 Kaz06 Kaz07 Kaz08

・黒衣の未亡人。

実は、去年の静岡で刺激を受けて製作に着手したP-61B 通称ブラックウィドウだが、ほぼ1年がかりで完成。

ドラゴンの比較的初期の作品ゆえで、パーツの精度や合いにばらつきがあり相当手こずったが、出来あがってみると、最大の双発レシプロ戦闘機の姿をあますところなく捉えている。
製作した機体は、422nd NFS, 239672 "Little Audley" (France 1945)。「黒衣の未亡人」らしくグロス塗装に凝るのが、今回の課題。

グロス塗装後、フューチャーワックスを塗布。デカールを貼ったのちクリアを吹いて、ラプロスの4000番→6000番→8000番と研ぎ出した。
デカールは、キットのものとrocketeerデカールを併用。国籍マークにはrockteerデカールを使ったが、フィルムが薄く密着度も高いなど、なかなかの使用感。
一方、ドラゴン・オリジナルのクォリティは、推して知るべし(苦笑)。

アクリルのバフ等で、排気煙のよる塗装面の白化を再現。それから。クドくならない程度の銀ハゲを翼前縁を主体に、エナメルのシルバーグレイで描きこんでいる。

機首のレドームをはずして、レーダーがむき出しになった形で製作。今後、整備を受けている状態のディオラマ製作を予定しているので、後部ハッチも開放している。

| コメント (2)

シミヤン 完成(双戦)

シミヤン完成 イタレリ1/72 Me210Ca-1

Me210_01 Me210_03 Me210_04 Me210_05 Me210_06 Me210_07

Hangarian Air Force Me210Ca-1 (イタレリ1/72)

パーツ同士の合いは良いのですがモールドがズレまくりキットです。(笑)

モールドのラインも正しいかというとウソだらけ。
でも修正してありません。
プロペラ形状なんて「なんじゃこりゃ」です。

弄ったところはコックピット内部とタイヤの太さ増し、後部胴体下部のアンテナ?を交換、
主脚ブレーキパイプの追加とアンテナ線張り付けだけです。

3色および国籍マークは塗装でコードレターはインスタントレタリング。

WEBで見たところ、このキットの完成例は本家ドイツ機仕様はほとんど無く大体皆さんが日本機仕様(日本HP限定)ですね。
ハンガリー仕様も1~2例と少ないですが完成例有りました。

この数少ないハンガリー空軍仕様の模型塗装は、いずれも末期のRLM82ダークグリーンでオーバスプレーしたものでした。
国籍標識を汚すのに抵抗がありましたので、まだ汚し前の塗装としてみました。

製作後半は駆け足製作で色々とヘタレ個所あり、特にキャノピー工作などはアップに耐えません(笑)

| コメント (0)

2010年5月 2日 (日)

業務連絡10

4月30日締切日を過ぎてしまいましたが
せっかくですので
祭りも未完の方もおられますし(私も遅刻…)
次回祭りまで会場も何も弄る必要もないので
〆切は一つの区切りとしておいて

完成機体は期間は次回開催祭り告知までということで
掲載しようとおもっておりますがいかがでしょう。

| コメント (1)

公試さん 完成

公試さん完成 ドラゴン 1/72 He219

11_2 12 13 14

デティールアップはほぼ無しのストレート組みです。かなり手ごわいキットですが、出来あがるとやっぱりUHUはすこぶるカッコいいです。 脚周りや、コックピット等、細部はよくできており、プロポーションも良。ならば良いキットかというとこれが微妙でかなり組みにくい、手のかかるキットでした。

1)組立て
どこもかしこも微妙に合わず苦労しました。水平尾翼、キャノピー等々。翼端灯に至っては、削り込んでくださいと言わんばかりの形です。模型的腕力を要するキットでした。

2)塗装
モットリングは筆で中心を不定型に描いた上から、エアブラシでちょっとぼかしを入れました。いびつなモットリングの形を再現するには良かったと思いますが、もう少しぼかした方がよかったようです。

なかなか手ごわいキット故、何か無いと挫折してしまう、完成させることが出来ないキットと感じました。祭りの場の御蔭で永年の夢、というと大げさですが、UHUを形にすることが出来ました。このような場を企画頂きました管理人様、どうもありがとうございました。

但し、計画的に製作を進めることができず、最後はバタバタと部品を付けての駆け込みの完成となりました。これで模型人生における1/72UHUは未練なし、とはいかず、いつかもう一度挑戦したいです。とはいえDRAGONのUHUはもうお腹いっぱいで次回はハセガワから決定版キットが発売された折とします。

| コメント (2)

@daigoさん 完成

@daigoさん完成 エアフィックス1/72 ボールトンポールデファイアントNF.1

Daigo01_2 Daigo02 Daigo03

いやぁ、長かった・・・・
なんだかんだいっても形になってくれば、やっぱうれしいですね。
大きな隙間はすべてパテ埋めもしくはプラ材でうめ、全体にあるリベットはすべて削り取ってしまいました。
ってゆーか、あっち削りこっち削りしているうちに無くなったってのがホントです

塗装はタミヤアクリルのシルバーを下地にファレホの筆塗り。
デカールが使えなかった部分は、ファレホやらガッシュやらで手書きしてます。
そのあと、デザインナイフでパネルラインを意識しながら下地の銀を出していきます。

かるくパステルを表面にこすりつけてシルバーを落ち着かせ、その後面相筆でさらにシルバーをチマチマ。
同じ傷でも違う雰囲気を出したかったんですが、ほとんど解りませんね。
特徴でもあるところの後部機銃・・・
良く見ると枠が透けてます

色々苦労したキットですが、それはそれで楽しめました(自分の技術のなさも痛感したけど)。

| コメント (2)

まじりさん 完成(双戦)

まじりさん完成 エアフィックス1/72 デ・ハビラント・モスキート

01 02 03 04

エアフィックス1/72 デ・ハビラント モスキートJ.30
えげれすの飛行機のことはよく知らないので、ストレート組みです。
パーツの合わせはまあまあでしたが、あちこちにヒケは多数。パテ埋め・やすり掛けは得意技ですけど、いささか疲れました(苦笑)
国籍マークのデカールは、印刷ズレがあったので、塗装にしました。

    

| コメント (2)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »