ハセガワ 1/48 F-104J
ウィキによるとJ型1号機は1961年生産なので私と同い年!3号機まではフェリー、以下ノックダウンで4~20号機、そのあとはライセンス生産ということらしい。

私にとっては小学校の窓から見た低空で演習場に侵入していく格好いい金属音の機体です(先生は嫌がってたけど 笑)

実家にいたのが1980年までだからそのあとのファントムやイーグルはほとんど見てないんですよね・

胴体後部のそり上りが強調され過ぎていて腰高に見えるとのこと、検討したんですが主脚構造の関係で修正は断念(一度折れてるし)基部を少し削っただけにとどめました。

モデルアート2000年10月号のおおくらとしお氏のカラーリングガイドを参考に小池先生の箱絵を意識してパネルの塗り分けを強調してみました。